ちくわぶログ

だるさを解消!元気をつけたい時に ~無水・夏野菜の薬膳カレー〜

湿度高い日々、食欲が湧かずについつい間食で食事を済ませてしまい、

便秘気味に。

睡眠も浅くなりがちなこの時期、だるさを解消するためにも

一食でからだを整えてみませんか?

前回の二の腕トレーニングで使用した鍋「ルクルーゼ」を使った

「無水・夏野菜の薬膳カレー」をご紹介します。

野菜を1センチ角に刻む手間は、

どうぞストレス発散としてご活用頂き、

あとは鍋に入れて20〜25分煮込むのみ。

無水ならではの野菜の甘みで、美味しく食べられます。

どの辺りが「薬膳的」なのかは、後程ご説明するとして、

先ずはレシピと作り方から。

【脱力薬膳】無水・夏野菜の薬膳カレー
材料(4人分)

・ホールトマト 1缶

【お勧め野菜】合計で350g
・玉ねぎ(約200g/個)  ・ナス(約80g/個)  ・ピーマン(約35g/個)

・ひき肉 150g(あれば牛ひき肉がおすすめ)

・ひよこ豆 50gくらい ※調理済・パックになったものがあります※

・おろし生姜 10g (チューブでもOK)

・カレールウ  お好みの辛さのものを適量

作り方

① 玉ねぎ・ナス・ピーマンはそれぞれ1センチ角に切ります

② 無水鍋にホールトマト缶を汁ごと入れて、軽くつぶします

③ ②の上に玉ねぎ、その上にピーマンとナス、最後にひき肉を重ねて入れます

※ 水分の多い野菜から順に入れると、焦げ付きを防止できます※

④ フタをして、弱火で20〜25分加熱します

⑤ 煮えたら、カレールウとおろし生姜を入れ、味を整えます

※野菜の旨味や甘みがひきだされるので、カレールウは気持ち少なめで※

⑥ ひよこ豆を入れ、一煮立ちしたら完成!

今回の薬膳カレーレシピの「薬膳」ポイントはココ!
1.ナスとピーマンの夢のコラボレーション

ナスはからだの熱を冷ます「涼性」 。

熱を取り、むくみの軽減や食欲不振にも効果的な食材です。

ピーマンは「熱性」で、からだに熱を一気に入れて汗をかくことで

冷えを取り、胃腸のはたらきも整えます。

冷ますものと熱を加えるものを合わせてバランスを取れた
素材で美味しく元気になれるのが「薬膳」の醍醐味です。

加えてナスとピーマンは味(五味)の相性も抜群です。

ナスは「甘」 ピーマンは「辛」。

一緒に使うことで、それぞれの持ち味がさらに引き出される組み合わせです。

2.ひよこ豆の効能

ひよこ豆は「養血(ようけつ)」と言って、血を造る(造血)作用に優れた食材です。

血を造ることで、体内温度も上がり、心身共にとっても元気になります!

ひよこ豆でからだに血を補ったら、「活血(かっけつ)」する食材でその血を巡らせると、

さらに効果が上がります。

今回のレシピでは「タマネギ」と「牛肉」が活血食材です。

「五性」「五味」が整ったメニューは、その整い具合に比例して、

ものすごく美味しくなります!

からだに良くて、美味しい。これが薬膳料理の魅力的なところです。

だるい梅雨時期、是非お試し下さい。

食材の五性と性味

・ナス
清熱やむくみの軽減、食欲不振に 五性→涼  性味→甘

・ピーマン
解表、口内炎や生理痛に     五性→熱  性味→辛

・牛肉
倦怠感や貧血、体力増強に    五性→平  性味→甘

・タマネギ
血液循環を促す 咳や痰に    五性→温  性味→辛/甘

・トマト
口渇や体力回復に        五性→微寒 性味→甘/酸

・ひよこ豆
造血 便秘にも         五性→平  性味→甘

-ちくわぶログ

Copyright© 薬膳カフェ日月(ひげつ) , 2019 All Rights Reserved.