ちくわぶログ

【薬膳レシピ】むくみ取りの野菜といえば!~冬瓜とカニ缶のスープ~

日照時間の少ない今年は、野菜の価格がちょっと高めですね。

そんな時こそ、価格安定そして美味しい旬の野菜!

冬瓜を使った簡単薬膳料理をご紹介します。

「冬瓜は、普段あんまり買いません。ハードル高そう・・・」

と言っていたスタッフも、「これなら楽しいかも!」とスムーズに冬瓜の下ごしらえをしてくれました。

冬瓜はむくみを取ってくれる野菜の代名詞。

味も淡泊、低カロリーで、煮物やスープ、炒め物と様々な使い方が出来る重宝な野菜です。

ポイントは

「強火で10分蒸す→手でちぎる」。

まだ少し固いかな・・・という感じですが、ここは勇気ある撤退を!

蒸した後に今回はスープに入れて煮ますし、もう一調理あります。

調理完了した時の冬瓜への味の染みこみ方、くたっとし過ぎない絶妙な歯触りを

是非ご体感下さい。

 

【脱力薬膳】冬瓜とカニ缶のスープ

材料(3~4人分)

・冬瓜          約300g  ※皮とワタを取った分量

・カニ缶詰        約30g ※分量外で汁も使います

・卵白       1個分   ※固まりをほぐす程度に混ぜます

・鶏ガラスープ 500cc

・水溶き片栗粉 大さじ2  ※片栗粉大さじ1を水大さじ2で溶いた分量

・塩 こしょう お好みで

作り方

1.冬瓜を約2cmの厚さに切り、強火で10分間蒸します。少し固めの状態でOK。

※下にクッキングペーパーを敷くと、冬瓜がグチャッとせずにきれいに蒸せます※

2.  水分を少し取り、手で一口大にちぎります。

※皮側からワタ側へキュッとひねる感じでちぎると、簡単ににちぎれます。

こんにゃくや葉野菜を手でちぎると味がしみこむ理屈と一緒で、冬瓜もこの作業でグッと美味しくなります※

3.鍋にスープを入れ沸かし、冬瓜、蟹肉(汁も)をいれ加熱します。

火を弱くして混ぜながら水溶き片栗粉、卵白を入れます。

4.お好みで塩胡椒で味を調整して、完成!

「冬瓜」+「カニ」+「卵白」=むくみ取りと熱冷まし
この三つの食材に共通する効能は「熱を冷ます」。
熱を取ることで、むくみの軽減や食欲不振にも効果的な食材、

暑い夏には嬉しい野菜ですが、冷え性や妊婦の方は食べ過ぎないよう注意が必要です。

1.冬瓜

冬瓜は他の瓜類と同じく夏に収穫されますが、

冷暗所に置けば冬まで保存できることから「冬瓜」の名がついたとか。

中国の民間療法では、熱中症、腎臓病、咳、気管支炎、喘息などに効く漢方薬として使用されてきました。

成分のほとんどが水分ですが、ビタミン、カリウム、食物繊維も豊富です。

「なぜ水分が多い食べ物がむくみを取るの?」とよく聞かれますが、

冬瓜のもつ性質が「陰性」のため、体内の余分な熱を取りのぞいてくれるので、
むくみがスッキリします。

2.カニ
体内の余分な熱を取り除き、血をきれいにする効能が高く、

けが、やけど、慢性の皮膚疾患、便秘などを改善する食材として用いられてきました。

中医学では「清熱散血(せいねつさんけつ)」の効能があるとされています。

また、滋養強壮や免疫力UPにも役立ちます。

熱を冷ましながら体力向上、この時期にピッタリの食材です。

3.卵白
熱を冷まして炎症を抑えるはたらきがあります。

今回は、体内の水はけを良くすることを目的に卵白を使いましたが、

貧血気味だったり、胃の働きを良くしたい時には、卵黄を使うのもいいですね。

食材の五性と性味

・冬瓜
むくみの軽減、暑気当たりに     五性→涼  性味→甘/淡

・カニ
血行不良 滋養強壮 骨粗鬆症にも  五性→寒  性味→鹹

・卵白
炎症を抑える            五性→平  性味→甘

-ちくわぶログ

Copyright© 薬膳カフェ日月(ひげつ) , 2019 All Rights Reserved.