ちくわぶログ

2020.03.20発売!春限定おやつ 文旦ナッティー

 

春が旬の土佐文旦とさぶんたんのピール(皮)に、ピーナツバターをコーティングしました。

重ねて茹でこぼすことで、ピールの苦味はなく、

文旦のスッキリとした甘さと、ピーナツバターの程よい塩気が合わさり

絶妙な味わいです。

食感を残すために取り除くワタを最小限にし、

ピール(皮)を厚めにすることで、ピーナツのゴロゴロ食感とのバランスが

とても良い仕上がりになりました。

気の巡りを良くして消化を促す果物、文旦。

消化器系を補い、胃を整えるピーナツと組み合わせは、

おいしさはもちろん、薬膳的にも最高のタッグです。

水や血の流れを促進し、春の不安定な心身を整えてくれます。

 

食材の五性と性味

文旦

理気(気の巡りを良くする)、食欲不振、むくみに

性質

五性→寒  性味→甘/酸

ピーナツ

胃の不調を改善 便通を良くする 血行促進

性質

五性→平  性味→甘

 

文旦ピールができるまで ~工程を手短にご紹介~

1.表面のワックスを取るために、塩でよく揉み洗いします

 

 

 

2.文旦の皮をむき、適当な大きさに切ります(写真は1個を4等分)

 

 

 

3.苦味とアクを取り除くために、重しを乗せて一晩たっぷりの水に浸けます

 

 

 

4.余分なワタを取りました。食感を残すため、ふやけた部分のみを取っています

 

 

 

5.塩をひとつまみ入れ、3回茹でこぼします。この作業で苦味がなくなります

 

 

 

6.皮をきれいに洗ってお好みの大きさにカットし、いよいよ煮る段階へ

 

 

 

7.皮の分量に対し最小限の砂糖と浸るくらいの水を入れます

 

 

 

8.中~弱火で1時間ほど煮て、飴色になったら火を止めます

 

 

 

9.一晩自然乾燥し、べたつき感がなくなるくらいまで置きます

-ちくわぶログ

Copyright© 薬膳カフェ日月(ひげつ) , 2020 All Rights Reserved.