ちくわぶログ

【にがうりと豚肉のスープ レモン風味】作り方(動画付)

早い梅雨明けから、梅雨の戻りのような陽気に。
心もからだも何となくバランスが取れず、
食欲が低下したり、気怠さがましたりして、
何かと怠けがちになる時季です。

家事や仕事がいつも通りにはかどらず、
イライラして、
そんな自分にまたがっかりする…
そんな負のループにはまっている時の体内は、
胃腸の働きが低下し、
さらに、高い湿度で汗がうまく蒸発できないため、
からだに熱がこもり、体温調節に苦労しています。
手足がだるく感じて、動くのがおっくうになったり、
そわそわと落ち着きのなさを感じるのは、
この時季定番の症状です。

そんなときは!
余分な熱をを取るにがうりがおすすめです。
炒めることが定番のゴーヤを、スープで召し上がってみませんか?
一緒に入れる豚肉は、体内の水分代謝を高めて
イライラを解消!
レモンの香りで気分もスッキリします。

暑い日々、ついつい冷たいものを摂りすぎて
胃腸に負担のかかりやすい時季でもあります。
温かいスープは冷えたからだの食養生にぴったりです。
「夏バテ」気味の疲れを飛ばしていきましょう!

 

【にがうりと豚肉のスープ レモン風味】

心が落ち着かず眠れない時にお勧めのスープです

からだの余分な熱を取る苦瓜にがうり(ゴーヤ)と、
潤いを与える豚肉のはたらきでイライラを解消します。
レモンの香りで気分もスッキリするスープです。
鶏ガラスープをベースにさっぱりとした風味、
苦味と酸味の絶妙な組み合わせは、
夏の疲れを飛ばしてくれるおいしさです!

 

【脱力薬膳】にがうりと豚肉のスープ レモン風味

材料(3~4人分)

  • にがうり 180g
  • 豚ロース薄切り肉 160g
  • レモン(薄切り) 6枚
  • 鶏がらスープ 800cc
  • 塩麴 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • オリーブ油 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • コショウ 少々

作り方

1にがうりは厚さ5ミリ~8ミリのいちょう切りにします
豚肉は食べやすい大きさに切り、
塩麹大さじ2と酒大さじ1を混ぜ合わせたものと揉み合わせ、
約20分つけておきます
レモンは1枚を4等分に切ります

2フライパンにオリーブ油を温め、
にがうりと豚肉を炒めてコショウを軽くふります

3.鍋に鶏がらスープを入れて火にかけます
煮たったら、2.と残りの酒とレモンを加えてひと煮し、
塩で味を調えて、完成です!

 

食材の五性と性味

にがうり

・解熱作用(特に肝の熱を除き、目の不調を改善)  ・利尿作用によりむくみを取る

性質

五性→寒  性味→苦

豚肉

・体内に必要な「陰液」を補い、臓腑を潤す ・寝汗の改善や手・足裏の熱感に ・滋養強壮

性質

五性→平 性味→甘/鹹

レモン

・のどの渇きや口の渇きに ・暑邪を取り除く

性質

五性→平  性味→酸/甘

-ちくわぶログ