ちくわぶログ

【青梗菜と黒木耳のスープ】レシピ(作り方動画つき)

冬至に向かい、

日の出時間の遅さ、日没の時間の早さをひしひしと感じる時季。

昼夜の寒暖差が大きいのもこの時季の特徴ですが、

からだは急な気温の低下に慣れるのに、大きな労力を要します。

急に気温が下がった時は、ご自身の腹や尻を触ってみると、

自覚以上にからだが冷えていることを実感されると思います。

この状態を、中医学では「陽虚ようきょ」といいます。

からだが冷えることで、消化のはたらきや代謝が落ち、

エネルギーが不足しがちです。

今回のスープは「血」を増やしたり活性化させることで

陽虚を改善します。

 

【青梗菜と黒木耳のスープ】

血流を大きく促す青梗菜と黒木耳くろきくらげ
血を補う鶏もも肉のトリプル効果で、心身を元気にするスープ

 

晩秋にかけて一番味が深くなる青梗菜の旨味と

ふんだんに盛ったおろし生姜が、良い味わいです。

不老長寿の食材・黒木耳の歯触りも楽しめます。

鶏もも肉の出汁が全体をまろやかにまとめています。

 

 

 

【脱力薬膳】青梗菜と黒木耳のスープ

材料(4人分)

  • 青梗菜 小2株(200~250g)
  • 黒木耳 6g
  • 鶏もも肉 200g
  • おろししょうが お好みの量
  • 鶏がらスープ 1000cc
  • 酒 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2

 

作り方

1.黒木耳は水で戻し、石づきを取って食べやすい大きさにちぎります
青梗菜は軸は食べやすい大きさに、葉は斜めにざく切りにします
鶏もも肉は一口大に切ります

2.鍋に鶏ガラスープ、鶏もも肉、黒木耳を入れて火にかけます
煮立ったら酒、青梗菜の軸を加え4~5分煮ます

3.鶏もも肉に火が通ったら、青梗菜の葉を加えて塩で味を調えます

4.器に盛り、おろししょうがを添えて完成です!

 

 

 

黒い食材で、美しく健康に!

薬膳学では、黒い食材は疲労回復や美容に効果的とされます。

「黒」は五行の色彩で「水」の場所にあり、

アンチエイジングや健康長寿を司る「腎」のはたらきを助けて

エネルギーをチャージできる…というわけです。

元は同じ食材でも、黒色と白色では効果が異なります。

今回使用した木耳は、

からだに足りない「水」を補う作用が強い食材ですが、

特に黒木耳は「血」を巡らせるので、からだを温めたり、

免疫アップ、肩こりにも良いとされます。

白木耳はからだ全体の「水」を強く補いますので、

咳を鎮める、皮膚の乾燥や痒みを緩和したい時にお勧めの食材です。

 

そのほか白色と黒色で効能が異なる食材といえば、ゴマ。

黒ゴマは貧血予防や耳鳴り、血流改善に、

白ゴマは腸を潤すことで便秘の改善や肌を潤うのにお勧めです。

潤したいなら白色、

元気になりたい時は黒色。

体調に合わせて、上手に食材選びをしたいですね。

 

食材の五性と性味

青梗菜

血液循環を良くする うっ血や血管拡張の緩和

性質

五性→涼  性味→甘/辛

黒木耳

空咳、口の乾き、乾燥肌などを潤す 血液循環を良くする

性質

五性→平  性味→甘

鶏もも肉

からだを温める 補気

性質

五性→温  性味→甘

ショウガ

悪寒・発熱 喉の痛み 頭痛の改善に

性質

五性→微温  性味→辛

 

 

-ちくわぶログ

Copyright© 薬膳カフェ日月(ひげつ) , 2020 All Rights Reserved.