ちくわぶログ

【苦瓜と豚肉のスープレモン風味】レシピ(作り方動画付き)

7月22日から夏の最後の節気、大暑たいしょに入りました。(7月22日~8月6日)

「暑」 とは 「炎熱」 の意、大暑は最も暑い時期とされます。

本格的な夏の気候に移り変わるこの時期は、からだに熱がこもることで

頭がぼーっとしたり、動悸、頭痛、めまい、ふらつきを感じやすい時期です。

また、中医学では、この時期「しん」が弱りやすく、

からだに熱がこもることで、不安が襲ってきたり、

興奮して寝付きが悪くなるとされます。

からだの余分な熱を取る苦瓜にがうり(ゴーヤ)と、

滋養する豚肉のはたらきで夏バテを解消!

レモンの香りで気分もスッキリするスープです。

苦瓜・豚肉・レモンが共通して持っている「潤い」作用と、

それぞれが持つ別の作用が合わさって、

この時期のからだに染み渡ります。

鶏ガラスープをベースにさっぱりとした風味、

苦味と酸味の絶妙な組み合わせは、

夏の疲れを飛ばしてくれるおいしさです!

 

【脱力薬膳】苦瓜にがうりと豚肉のスープレモン風味

材料(4人分)

  • 苦瓜(ゴーヤ) 180g
  • 豚ロース薄切り 160g
  • レモン(薄切り) 4枚
  • 鶏ガラスープ 800
  • 酒 大さじ2
  • 塩麹 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 塩 適宜
  • コショウ 少々

*苦瓜180gは苦めの味がお好みな方にちょうどいい分量です。お好みで加減して下さい

 

作り方

1.にがうりはワタを取り薄切りに、
レモンは4等分のいちょう切りにします

2.豚肉は食べやすい大きさに切って、
塩麹と半量の酒を軽く揉み込みます

3.鍋にオリーブオイルを温め、
にがうりと豚肉を炒め、塩・こしょうを軽く振ります

4.3.に鶏ガラスープを入れて火にかけ、
煮立ったら残りの酒とレモンを加え一煮し、
塩で味を調えて、完成です!

 

 

苦瓜・豚肉・レモンはすべて「熱のこもり」「脱水」に効果的!

性質や味はそれぞれ全く異なる食材ですが、

共通する作用として、いずれも

熱のこもりやそれに伴う脱水を整える場面で

「潤す作用」が重宝される食材です。

共通する作用に加え、それぞれの持つ異なる作用・効能が組み合わさり、

夏バテの解消や、血液循環を高めて気持ちを整える

この時期に最適なスープになっています!

豚肉
スタミナをアップさせ、滋養強壮に効果的
虚弱体質の体質改善、病後の体力回復、産後の母乳不足などに作用します

苦瓜
苦味成分には健胃効果があり、
暑い季節の食欲を増進し、夏バテを解消!
解熱作用の中でも特に「肝」の熱を除くことから、目の不調を改善します
古くから民間療法では、目の充血の治療などに使われてきました

レモン
強い酸味は妊娠時のつわりや、胎動不安に作用します。
消化不良の改善によく用いられる食材です

 

食材の五性と性味

苦瓜

解熱作用 利尿作用によりむくみを取る のどの渇きを緩和する

性質

五性→寒  性味→苦

豚肉

体内に必要な「陰液」を補い、臓腑を潤す 寝汗の改善や手・足裏の熱感に 滋養強壮

性質

五性→平  性味→甘/鹹

レモン

津液を生じさせ、喉や口の渇きを改善 潤いを生み出す 熱を冷ます

性質

五性→平  性味→酸/甘

-ちくわぶログ

Copyright© 薬膳カフェ日月(ひげつ) , 2020 All Rights Reserved.