ちくわぶログ

「気」「血」の流れを促して心身を温める!~サバと白菜キムチのスープ

冬将軍が到来し、西高東低の気圧配置になると、

冷たい空気のせいでからだに力だ入りやすくなり、

肩こりや頭痛などの血行不良を感じることがあります。

こんな季節には「気」「血」の流れを促すサバがお勧めです!

今回は、サバとからだを温めるキムチと合わせてスープにしました。

キムチはニンニクや唐辛子など、からだを温める作用はもちろん、

キムチの辛みがサバのクセをやわらげてくれます。

缶詰のサバを使うことで時短+骨まで丸ごと食べられます!

サバを崩さず使うことで、食べ応えのある食感がさらに美味しさを引き立てます。

 

【脱力薬膳】サバと白菜キムチのスープ

材料(4人分)

  • サバ缶詰水煮 2缶
  • 白菜キムチ 200g
  • セリ 1/2株(おおよそ40g)
  • 酒 100cc
  • 水 600cc
  • 塩 適量

作り方

1.キムチは食べやすい大きさに切ります。セリは1㎝幅のざく切りに。サバ水煮は酒30ccを振り、缶の汁は取っておきます。
※サバの身はほぐさずそのままの大きさにします

2. 鍋にサバ缶の煮汁、酒70cc、分量の水を入れて火にかけます。煮立ったらキムチとサバを加えて、中火で2分程煮ます。
お好みで塩を入れ、最後にセリを加えて完成!

 

 

サバは 「気」と「血」を補う→気持ちの安定に作用します

サバは補血ほけつ(血を補う)、活血かっけつ(血を巡らせる)他に、

補気ほき(気を巡らせる)作用もあり、心身共に元気になる食材です。

中医学での「気」は、「体を動かすエネルギー」の総称。

「血」は読んで字の如く、また、体内温度を上げる役割もこなします。

「血」の不足は不安感を生みやすい特徴があります。

冬至に向かって日照時間が短くなり、セロトニンが不足気味になったり、

また、寒い中大掃除や忘年会などの行事が多く、

心身の疲労がたまりがちで元気も少なめになりがちです。

そんな時に、サバをチャージ!

血液循環が良くなり、イライラや不安も解消します。

体内循環をより高める作用が強いので、むくみの軽減や美肌にも。

また、最近では栄養効果が高いスーパーフードとして認知され話題になっていますね。

認知予防、学習機能向上にも効果的と言われています。

 

白菜キムチは究極の薬膳食材!

薬膳の考え方では、白菜の味は「甘く」、性質は「身体の熱を取る」という分類になります。

熱を下げ、咳の粘膜の炎症を鎮めることから、「葛根湯」と同じく風邪の予防に効果があるといわれています。

温熱性のにんにく、生姜、唐辛子を組み合わせるキムチは、

白菜の他、大根、胡瓜など涼性の野菜が多く、陰陽を上手に組み合わせた絶妙な薬膳食材です!

その上、発酵食品ですから、ますます元気に。

スープなど料理に使うものは、発酵が進んで酸味が出たキムチがよい塩梅です。

 

セリは味と効き目のアクセント

薬膳の考え方では、芹の味は「甘く」、性質は「体の熱を取る」という分類になります。

芹には以下の効能があるとされています。

■身体の余熱を取る
■血圧を下げる
■胃を丈夫にする
■利尿作用
■血液を浄化する
■生理を調整する

中国の民間療法では、風邪で咳が出る場合に、よくセリが用いられます。

発熱などで、肺の中まで熱くなっていると考えられるので、その余分な熱を排出して咳を鎮めます。

今回のスープでは、サバや白菜キムチの温める性質をより長く保つために、

逆の性質=冷ます食材のセリを加えました。

味のアクセントになる上、反対の性質を持つ食材を少量加えることで、

陰陽が拮抗してメインの効果(今回は温める)をより長く持続させることができます。

薬膳学の組成原則「君臣佐使くんじんさし」に基づく考え方です。

・からだの状態や目的に適合する主要食材を「君」(君主の意)

・主要食材を補助する材料を「臣」(大臣の意)

「君」の食材効能をより高めるために入れる反作用の食材を「佐」(補佐の意)

・味付けなどその他の食材や調味料である補助食材を「使」(使用人の意)

今回のスープでは

サバ→君 白菜キムチ→臣 セリ→佐 酒→使

となります。

君臣佐使がバランス良く施膳せぜんされた薬膳料理は、味も効能も上等です!

 

 

食材の五性と性味

サバ

血行促進 体力回復 老化防止に

性質

五性→温  性味→甘

白菜

発熱 口渇こうかつ 便秘に

性質

五性→涼  性味→甘

セリ

解熱 利尿に

性質

五性→涼  性味→甘/苦

-ちくわぶログ

Copyright© 薬膳カフェ日月(ひげつ) , 2020 All Rights Reserved.