ちくわぶログ

胃腸を整え体力回復!〜カボチャのスパイシースープ

急に気温が下がり雨の日が続くこの時期は、

山茶花梅雨さざんかつゆ」と呼ばれる低気圧が訪れています。

冷えて風邪を引いたり、気圧差で心身共に疲れやすかったり。

不調により視野が狭くなることで、ひとつのことに意識が集中してしまい、

いつも気にならないことが気になったり、急な寒さでからだに力が入りやすくなったりしやすい時期です。

何かと気忙しくなる師走も目前、胃腸のはたらきを整えながら

からだを温めて体力回復と滋養できるスープはいかがでしょうか?

水分代謝を促すことで全身の巡りをよくするココナッツミルクがポイントです。

とってもまろやかな美味しさは、豆乳や牛乳とは一味違った美味しさです!

 

【脱力薬膳】カボチャのスパイシースープ

材料(4人分)

  • カボチャ: 200g ※冷凍カボチャでもOK
  • 牛こま切れ:160g
  • タマネギ: 100g
  • おろししょうが:大さじ1
  • 鶏ガラスープの素:小さじ1
  • ココナッツミルク:400cc
  • クミンシード:小さじ1
  • ガラムマサラ:小さじ1
  • 水:2カップ
  • 酒:大さじ2
  • 塩 こしょう:適量

作り方

1.カボチャは一口大に、タマネギは粗みじん切りに切ります。牛肉は2センチ幅に切って分量外の酒大さじ1、塩コショウを少々ふり軽く揉み込みます

2.  鍋にかぼちゃ、タマネギ、クミンシード、ココナッツミルク、分量の水を入れて火にかけます。煮立ったら3分程煮ます。

3.  牛肉、鶏ガラスープの素、酒を加えて混ぜ合わせます。

4.牛肉の色が変わったら、ガラムマサラ、塩、コショウで味を調え、おろししょうがを加えてひと混ぜしたら完成!

 

 

カボチャと牛肉は 「胃」と「気」を助けます

カボチャと牛肉、どちらも栄養価が高い食材。

寒さ本番のこの時期に摂ることで、風邪予防になります。

特にカボチャはビタミンAを多く含むことで、粘膜を保護するので、

風邪の予防や胃の不調にも効果的です。

牛肉は「気」や血液を多く補ってくれ、心身共に元気に!

冷えてしまって腰や膝がだるく、力が入りにくい時にもお勧めです。

 

ココナッツミルクで水分補給&代謝を促進!

南国のフルーツココナッツは、体内にこもった熱の発散や、水分補給にうってつけの食材です。

普段は摂取する機会が多くない食材ですが、薬膳レシピにはよく登場する名脇役です。

熱を加えることで独特の香りが中和され、料理がとってもまろやかに仕上がります。

苦手な方こそ、是非一度お試し下さい!

薬膳食材との相性が非常によい上、燃焼効果を高め脂肪の蓄積を抑制する中鎖脂肪酸を含んでいるため、

おいしく味わいながら身体の中をキレイにできますよ。

 

ガラムマサラとクミンは味と効果のスパイスです

温性/辛味の性質を持つスパイスなので、からだを芯から温めることはもちろんですが、

どちらも「胃を整える」作用があります。

高い香りと共に、他の食材の持つ効果を上手にまとめて効能を高めてくれます。

今回はクミン「シード」を使いましたが、パウダーでもシードでも香りや成分には差はありません。

よりクミンの香りを活かしたい時は、シードがお勧めです。

 

食材の五性と性味

カボチャ

胃弱、疲労回復、血行促進に

性質

五性→温  性味→甘

牛肉

「気」を補う 補血 強筋骨

性質

五性→平  性味→甘

ココナッツミルク

水分代謝促進 暑気払いに

性質

五性→温  性味→甘

ガラムマサラ

血流促進 冷えによる痛みを緩和

性質

五性→温  性味→辛/甘

クミンシード

健胃

消化促進

性質

五性→温  性味→辛/甘

-ちくわぶログ

Copyright© 薬膳カフェ日月(ひげつ) , 2019 All Rights Reserved.